第104回 『冷え』のメカニズム

『冷え』というエネルギーと『ガスタンク』。

 

今回、ワタシが街中で見かけたガスタンクからヒントを得て、これまで安達先生から聴いてきた『冷え』のメカニズムについて、改めて質問をしてみました♫

 

『冷え』はどこに溜まるのか?

それは、『骨』です。

 

そして、その『冷え』は骨のどこに溜まりやすいのでしょうか?

それは、『関節』なのです。

 

街中で見かけるガスタンク。
なぜ、丸いタンクにガスを入れるのでしょうか?
風船、シャボン玉、これらも丸いですよね♫
『関節』もどこか丸みを帯びていると思いませんか?

 

エネルギー的な視点で『冷え』を考えたとき、日常に見る自然現象やそれらの意味と照らし合わせてみると、それは同じことなのです!

 

なぜなら、『エネルギー』だからです!

 

私達の日常で何気なく存在しているそれらの事象、現象と同じことが、物質として存在しているカラダでも起きている。

 

こんな視点から考えてみると面白いかもしれませんよ(≧∀≦)♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です