第118回 『フェルメール展』に行った感想〜日常と喜び

先日、安達先生と上野の森美術館で開催されている『フェルメール展』に行ってまいりました。

 

この番組テーマとどんな関係が(・・?)?と思われるかもしれませんね。

 

カラダの不調について考えるとき、『心と体』は無関係ではないことを知識がなくとも実感として理解しているならば、ここでお話していることも決して無関係ではない、と私は考えます。

 

『心』ということを考えるならば、それは日々の日常と自分との間に生まれるもの。

 

では、その”日常”をあなたは日々どのように捉え、感じておられますか?

 

このいつもの何気ない日常の一コマを、その瞬間、瞬間、どう捉えるか?

 

この素晴らしき気づきをフェルメールからいただいたような、そんな素晴らしい美術展でした♡

 

あなたはどう感じられるでしょうか^ – ^?

プレイプレイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です