第14回「エネルギー的視点に立つ」ということ③

社会にもカラダにもあてはまる、たった1つの法則。

それは5000年前に書かれている東洋医学の原点にありました。

そして、安達先生はこの法則を基に、刺さない針で治療をします。

「引く」技術は、調和のパワーであり、求心性になることであり、陰のパワーです。

これは誰でもできる技術であり、あらゆる分野で体現している方はたくさんいます!

「エネルギー視点に立つ」ということ。
「引く」ということ。

これが1つのパワーなんだと、確信を持つことがなにより大事☆

様々な問題の原因を理解する、はじめの1歩です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です