第20回 ”熟年離婚” 〜陰陽で解説!夫婦仲がよくなる秘訣〜

“熟年離婚”

なにそれ?聞いたことない。

な〜んて人はそうそういないですよね。

そう言えるほどに、いま巷では増えていると言われている「熟年離婚」。

「もうここから先は、私の自由にやらせてもらう!」という「退職離婚」や

「死んだ後まで一緒のお墓に入りたくない!」という「お墓離婚」。

どうも、女性側に不満があるケースが多いようですが・・・あまり笑えないお話ですよね。

でも、なぜこういうことになってしまうんでしょう??

日頃、旦那さんからの感謝の言葉が足りないから?

いえいえ。ただ口先だけの「ありがとう」じゃ、女性は満足できないものですっw

日頃、夫婦の会話が少ないから?

でも、お互いを理解せずに会話したって喧嘩になるだけです。

最初のうちは仲が良かった夫婦でも、文化や肌の色にも関係なく、世界中のどこにでもあるのが男女間の問題ですよね。

でも、シンプルに考えてみましょう☆

男と女はちがうのです。どちらが優れている、劣っているということではなくて、ただちがう。

今回のお話は、「陰陽」で説明できる、男と女の性質の違い。

男と女の違いなんて学校では教えてくれないし、今は社会でも「男女平等」と言われています。でも、「男と女は平等である」の前に、性質や役割がちがうという前提があるのです。

男女の性質の違いを理解することは、”熟年離婚”に繋がる問題の1つを理解することでもあり、つまりは”夫婦仲が良くなる秘訣”。

でも、よくよく聞けば、この話。

ドラマや少女漫画で、女子がはまっちゃう男性は、さりげなくも必ずこのツボおさえてるなって思っちゃいました☆

知らず知らずに、毎日”離婚の種”をまかないようにっ!

今回のお話は必聴です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です