第21回 「気(氣)」とはなにか。

「気」とはなにか。

よくわからないようで、でも、それは存在するということはなんとなくわかっている「気」。

実は、「気」には種類があります。

どの「気」について話し手いるかで、話はチンプンカンプンになってしまいます。

そして、昔の人は「氣」と表現しました。

今は「メ」を書くのが一般的ですが、昔の字には「米」がついてるんですね。

今回のお話は「気」とはなにか?の入門編。

「氣」という文字には、なぜ「米」がついているのか?からお話します☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です