第73回 「手当て」とはなにか

今回は趣向をかえて、安達先生がこれまでに発見し開発した理論と技術をまとめた、現在執筆中の書籍の一部の朗読からはじまり、そしてその内容について詳しく質問しています♩

 

安達先生はいまは「鍼」を使うことはほとんどなく、先生自身が開発した道具を使うこともありますが、「手」のみで治療することもとても多いのです。

 

そしてそれが、道具も使わず、普通の主婦が家庭で家族の不調を良くすることもできると言われている方法なのです。

 

今回は、この理論の一番のベースになっている「手当て」とはなにか?

 

についてお聞きしています。

 

難しく考えがちですが、実は、私たちが、特に女性は、何気なく日常でやっていることなのです♩

 

安達先生がいつも言われる「引く」技術のベースとなる入口のお話☆

 

パワーを入れるのではなく「引く」とはなんなのでしょうか?必聴です♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です