第76回 「ライト手当て」とはなにか①

「生命のすべての発現が、ファーストソースの断片的な表現であると真に受け止めた時、すべての生命形態の根底に存在する同一のバイブレーションを、『人間という装置』は、知覚できるようになる。」

〜Wingmakers 〜

 

 

人間が出せる癒しのエネルギーを、より生命エネルギーに近づけるには、どうしたらいいのか。

これが出せれば治療に画期的な変容が生じるのではないか。

 

 

Wingmakersに書かれていたこの一文と、安達先生が感じ得た、言葉では著すことのできない感覚。

 

そして、

 

東洋医学という「エネルギー的視点」から、これまで幾十年と積み重ねてきた、臨床と実践と理論展開。

 

医療の視点から、この2つが、どんなプロセスを経て1つの確信に繋がったのでしょうか?

 

「ライト手当て」とはなにか。

 

必聴です☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です