第45回 下痢とは「○○」をだす生理作用

「今日はお腹がゴロゴロする・・・。」

「朝から下りっぱなしだよぉ〜〜。」

なんて、特に食べ物の原因は思い当たらないのに

お腹の調子が良くない日ってありますよね?

今日のテーマはずばり、「下痢」です!

でも実は、エネルギー的視点で考えると「便秘」も同じ考え方に

なるんです。

そして、「今日はお腹が調子が悪い、でも食べ物の原因は特にない」

なんてとき・・・こんなことありませんでしたか?

・うまくいかない

・解決できない

・人の反応にムカーーっときた

・自分の考えがうまく伝わらない・・・

これらはつまり・・・「頭のストレス」です。

え???それと下痢が関係あるのかって?

はい、あるんです(笑)。

エネルギー的視点でみた下痢のメカニズム。

実は、下痢って悪いことじゃないんです♪

「下痢とは○○をだす生理作用」!是非聴いてみてください☆

第44回 自分でもできるっ!「冷えとりポーズ」!

本日は、安達先生の新開発!

自分でできる、「冷えとりポーズ」のお話です。

日頃から、安達先生はいろんな発見・開発を続けていますが

患者さんから一番多いリクエスト!

それは・・・

「自分で、『冷え』をとる方法はないですか??」

です(笑)。はい!ワタシもその1人ですっ!!

「主婦が家庭で家族の冷えをとりなおしちゃう」

・・・のももちろんステキなことだけど

自分のカラダだってどうにかしたいっ!!!

安達先生と、仲間たちのアイデアが集まり開発された、

「冷えとりポーズ」!

ポイントは「引きながら」「関節をひらく」ことです!

(「引く」については希心院のApplestoreアプリの中の動画でも解説してます☆)

今回はその考え方についてお話しています☆

ちなみにこのポーズ。

誰かに助けてもらいながらやると、自分の手があきますよね?

その開いてる関節近くに手のひらをあててみると・・・

自分の関節からヒヤ〜〜っと冷たいなにか(冷え)が出てるのが

確かめられます。

ウソみたいなホントの話です(笑)。

第43回 西洋くんと東洋ちゃんの勝利〜円錐角膜

今回のお話は西洋くんと東洋ちゃんが、力を合わせて勝利を勝ちとったお話デス♪
お題は、『円錐角膜』。
……って、聞いたことあります(⊙︿⊙)?

 

ワタシは初めて聞きました。
Wikipediaから抜粋すると…
円錐角膜 は、眼球の角膜におこる非炎症性変性疾患である。物が変型して見え、二重に見えたり眩しく見えたりする。しばしば比較的まれな状態と考えられているが、角膜の変性を起こす状態として最も多いものであり、人種によらず1000人に1人程度の有病率である。思春期に発見されることが多く、20-30代に最も重篤になる。
円錐角膜はまだ不明な点の多い疾病で、病因は不明、経過がさまざまで予後を明言することも難しい。両眼に視覚的な歪みがあると患者の行動に不便を来す。

 

当初は違うお悩みで希心院の門を叩いた患者さん。治療を受けていくうちに体調の良好なる変化を感じ、ある日先生に尋ねました。
『先生、眼も治りますかねぇ?』

 

 

聞けば、イマ40代位のその患者さんは、4歳からこの円錐角膜となり、以来ずっとモノが見づらい生活をしてきたという。
そして、2回治療して2週間ほどたったある日…その方が突然電話をしてきた!
『先生!!見えますっ(≧∇≦)!』
ヤッターーっ!ですよ♡
なんと、30年不自由していた見えにくさが
解消っ!!!
で、なんで『西洋くんと東洋ちゃんの勝利』なのか(*˘︶˘*)?
なぜなら、今回は、この
『本来丸いものが3角になった』
がヒントになったから♪
先生も初めて聞いた病名。
そしてパッと見、「眼球が三角ですね…」
とは分からない(笑)。
眼科で検査しなきゃ角膜が円錐状になってることは分からないワケです。
つまり、角膜が円錐になっているという所までは西洋くんが発見!
しかし、そこから先が…分からない…(。•́︿•̀。)
そこで登場!東洋ちゃんっ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )♡
「あら!簡単よ!中から力が加わったから、本来丸いところが3角になったんじゃない?」
そして、東洋ちゃんの推理は的中っ!
では、その加わった力とは(☉ε ⊙)????
西洋くんと東洋ちゃんが力を合わせた勝利!
2人が手を繋いだら解決できるお悩みだってあるんです♡

 

エネルギー的視点ってこういうこと☆
ぜひ、あなたの耳で確認してくださーーーーいっ(*^▽^)/★*☆

第42回「うつ病」について

現代病の1つとも言える、うつ病。

その原因にはいろいろなパターンがありますが

うつ病に限らず、いまの現代病と呼ばれる病の原因の8割は

「頭脳疲労」なのです。

1日という時間のなかで、あなたはなにも考えない時間を

どのくらいもっていますか?

なにか食べようと、コンビニの商品を手にとりながら成分表示を見て

これじゃカラダに悪いな、こんなにカロリーあるのか、

な〜んてのも「考える」じゃない?

現代人はなにをするにも「考える」が当たり前の習慣になっています。

そんなこといったら「考えない時間」はどうやってつくればいい??

ほら、こうしてまた考える前にぜひ(笑)!

安達先生のアドバイスを聴いてみてください☆