第133回 ”耳 と 声”〜ハートからの閃き〜

普段のなにげない日常で、自分がワクワクドキドキすることを、衝動のまま楽しむ!

 

そんなこと to コレが???

 

想像もしなかったような、なにかとなにかが結びつく。

 

その”なにか”とは、自分自身のこれまでの経験 であり、誰かのこれまでの経験 が出逢うときに生まれたもの。

 

”世界”は繋がっている

 

というのは、きっとこういう感覚のことなのだろう

 

イマ、心からこの『エネルギーと人生』の研究を、楽しんでいるワタクシ、KIIKOです。

 

ということで、今回のお話は

『オメでたい頭でなにより』Vo.赤飯さん

から受けとった、ワタシのワクワクドキドキの発見storyです^^

第131回 “風が吹けば桶屋が儲かる”と“エネルギー的視点”に立つということ

ある一つのことを理解するために、全く違う側面から入るという入口もあるのでは?

 

そんな問いから生まれた本日のテーマ♪♪

 

“エネルギー的視点に立つ” とは、どういう “視点”なのでしょうか?

 

『百聞は一見に如かず』で、自分自身のカラダを以て経験すれば、

難しいことを理解していなくても、

それがなんなのか?はまだ分からなくても、

 

とにかく、なにかが自分のカラダに起きたという事実を『信じる』ことへの準備はできるのです。

 

けれど、経験しなければ理解できないのであればそれは多くの人に伝えることはできないわけで(^ー^;)。

 

そんなとき、閃いた言葉が、本日のタイトルになっています!

 

観察と経験そして知識の共有によって、長い時間をかけて形成されたもの。

その多くは簡潔で覚えやすく、言い得て妙であり、ある一面の真実を鋭く言い当てている。

それが『ことわざ』です。

 

『風が吹けば桶屋が儲かる』

そして、

『エネルギー的視点に立つということ』

 

この視点を以てこれまでのお話を聴いて頂いたら、『エネルギー的視点とはなにか?』理解する『キッカケ』になるのではないでしょうか(^-^)?

 

そして……

 

この言葉に辿りついたキッカケすらも、今日のこのタイトルに当てはまる……ということにあなたは気づいたでしょうか(≧∇≦)