月: 2016年7月

第9回「青あざ」はどうしてできる? 未分類

第9回「青あざ」はどうしてできる?

本日のテーマは「青あざ」です。 先日、小学生のお嬢さんが打撲して足に大きな青あざをつくり お母さんと一緒に希心院に来られました。 「青あざ」ができる理由もいろいろありますよね。 ぶつけた覚えがないのに青あざができてる。 注射したあとに青あざが1ヶ月くらい残る。 スキーや交通事故で打撲して足が真っ青。…
第8回 気の感じ方 未分類

第8回 気の感じ方

「冷えをエネルギーとして捉える」 なんかわかるようなわからないような感じがしませんか? 「エネルギーとして捉える」というのは 「病としての気」を感じるということです。 では「気」を感じるってどういうことでしょうか? 目に見えてはわからないけれど確実にある「気」。 「気」と言っても人によって持っている…
第7回 「骨が縮まる」発見のエピソード 未分類

第7回 「骨が縮まる」発見のエピソード

「骨が縮まる」という発見はどこから??? 安達先生は「(本来は)鍼灸医師」です。 ですが、今は「針」は刺さず、「刺さない針」で治療をします。 安達先生が言われる、 「病」の原因は、「冷えと風邪と意識エネルギー」 「骨に冷えがたまる」 でも、みなさま、不思議に思ったことはありませんか? 「あまり観察し…
第6回 心と病 未分類

第6回 心と病

病の原因は、「冷え」と「風邪」と「意識エネルギー」。 本日のお話は、この「意識」にまつわるエピソードをもとに安達先生に 「心と病」という視点でお聞きしています。 赤ちゃんの薄毛。 それは、お母さんの胸がつまってることが原因になることもある。 そんな話を聞いたら、あなたは信じられますか? 「冷え」が原…